ペット飼育可能な賃貸マンションの落とし穴を見抜け!

元インテリアコーディネーターで福祉住環境コーディネーターの資格も持つ管理人が、ペット飼育可の賃貸マンションを探すときの大事なチェックポイントと、入居後の騒音対策を紹介します。

引っ越し

引っ越すときはそれまで入居していた部屋の掃除をすべき?

投稿日:2018年3月3日 更新日:

猫といっしょに幸せに暮らせる夢のへやを探し求める管理人のゆめこです。

むかしは「立つ鳥 跡(あと)を濁(にご)さず」と言って、引っ越すときはそれまで住んでいたへやの掃除をするのは当たり前だと考えている人が多かったのですが、最近はそうでもないようです。

引っ越しをするとき、それまで住んでいた部屋の掃除をした方がいいのか、それとも、する必要はないのか、どうなんでしょう?


スポンサーリンク

 

掃除をしないとデメリットがある場合もある

引っ越しをするときはなにかと大変だし、掃除まで気持ちが回らないという人もいるでしょう。

それに、最近は入居するときに「清掃代」の名目で多額のお金を請求する不動産屋さんも少なくないから、ますます退去時に掃除なんかしたくないですよね。

 

たとえ清掃代を払っていなくても、退去のさいに掃除をする必要はありません。ただし、掃除をしなくても全くリスクがないわけじゃありません。

 

たとえば、車を買取に出すときや、フリマで中古の衣類や本を販売するときも、状態が良い方が高値で売れやすいですよね?、へやも同じです。

ぱっと見の状態があまりにひどいと、必要以上に「補修費」を請求される可能性はあります。

 

不動産屋さんには、退去後の補修費用をみこして、家賃を高めに設定している会社もあれば、家賃はギリギリに低く設定して、必要におうじて補修費を請求する会社もあります。

ですから、一概には言えませんが、最低限の清掃はした方がいいです。

 

それに、退去の立ち合いをするとき、まるで夜逃げしたかのようにへやが荒れていたら、ちょっと恥ずかしくないですか?

 

清掃は新しい入居者が入る直前に行っている

へやに入居するとき「清掃代」をとられる場合がありますが、あれは、あなたが入居できるように部屋をきれいにするための費用です。

つまり、あなたが汚した部屋の清掃代じゃなく、その前に入居していた人が汚した部屋をきれいにするための清掃代です。

といっても、金額は一律。汚れ具合は人によって違うのに、なんとなく納得がいきませんよね?

 

あれはむしろ、清掃代というより抗菌処理代と言うほうが正しいかも。

管理会社によって清掃の内容はちがうでしょうが、バルサンを焚いて害虫を駆除したり、抗菌剤で床をコーティングしたり、要するに、部屋の状態に関係なく、清掃会社に「お決まりの清掃コース」を外注しているんです。

 

わたしは以前、「汚れがひどいときは退去時に清掃代をいただきます」と言われて、キッチンの油汚れを数日かけてきれいに掃除したのに、退去のときにやっぱり「清掃代」を取られたことがあります。

あのときは、「二度と退去前に掃除なんかしない!」って思いましたねー。

 

わたしが退去時に掃除をする理由

それでも、毎日あたりまえにやる範囲で、フローリングと水回りの掃除ぐらいはして退去するようにしています。

その理由は、わたしの後に入居を希望してへやを見に来た人に、不愉快な思いをさせたくないから。

わたしは、下見に行った部屋があまりに汚くて不愉快な思いをしたことが、何度かあります。

 

 室内建具のガラスが大きく割れている部屋がありました。

 

 ハンマーか何かで殴ったかのように、ドアノブが壊れている部屋もありました。

 

 床が土足で踏み荒らされている部屋もありました。

 

 トイレに大量の白アリの死がいが落ちている部屋もありました。

 

建物も間取りも悪くないと思っても、そういう光景を見てしまうと、あんまり入居したくないですよね。

「入居の前にちゃんと清掃が入りますから!」と言われても、さすがに、大量の白アリの死がいは気になる。まあまあ部屋が気に入ったときは、なおさらに残念です。

 

ほかの誰かに、あのときのわたしと同じ思いをさせたくない。だから、わたしは必ず最低限のそうじをして退去します。

 

なにか嫌なことがあって引っ越しをするときでも、掃除をせずに出ていくと「逃げ出した」という記憶がのこるけど、掃除をしてから出て行くと、「片付けた」というすがすがしい気持ちで、部屋を去ることが出来ますよ。

 

スポンサーリンク



-引っ越し

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アート引越センターの段ボールは猫の段ボールハウスを作るのに最適!

猫といっしょに幸せに暮らせる夢のへやを探し求める管理人のゆめこです。 一戸建てや高級マンションでもない限り、ペット飼育可の賃貸物件にはトラブルがつきものです。長年トラブルに悩まされた果て、ついに引っ越 …

急な引っ越しが決まったとき最初にやるべき3つの順番は?

猫といっしょに幸せに暮らせる夢のへやを探し求める管理人のゆめこです。 今日は、騒音など予期せぬ事態が原因で、きゅうきょ引っ越す際に大切なポイントについて紹介します。   今のマンションに引っ …

猫と暮らせる賃貸住宅(家)にあなたが一番求める条件は何?

猫といっしょに幸せに暮らせる夢のへやを探し求める管理人のゆめこです。 入居するへやを探すときは、あなたが「家」に求める条件を再確認することが大切です。では、具体的にどのように条件を整理すればよいのか、 …


スポンサーリンク

管理人の ゆめこ です。
ペット飼育可能な賃貸住宅に入居したものの、生活騒音に悩まされ、泣く泣く引っ越しました。
「今度は静かな部屋を見つけた!」と思ったのもつかの間、またもや生活騒音に悩まされる羽目に。その後は気を取り直して、ローコストでできる騒音対策を考案中です。

ペット飼育可の賃貸住宅についてもっと知りたい!と思われたら、応援クリックをいただけると励みになります♪
にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ