ペット飼育可能な賃貸マンションの落とし穴を見抜け!

元インテリアコーディネーターで福祉住環境コーディネーターの資格も持つ管理人が、ペット飼育可の賃貸マンションを探すときの大事なチェックポイントと、入居後の騒音対策を紹介します。

感染症

猫のワクチン接種におススメの季節や避けたい時期はある?

投稿日:2018年1月17日 更新日:

人のインフルエンザには流行シーズンがあり、ワクチン摂取は流行シーズンの前に済ませるのが好ましいですよね。

猫のワクチン接種にも好ましい季節ってあるのでしょうか?


スポンサーリンク

★こちらもチェック!★
「猫のワクチン接種に時期や回数の決まりはある?注意することは?」

 

猫のウィルスに流行シーズンはない

猫のワクチン接種にシーズンの決まりはありませんが、ワクチンの効果が1年ほどしか継続しないから、年に一度の摂取が好ましいというのが定説です。ところが、ワクチン接種は2年に一度でいいと言う獣医さんもいるようです。

 

2年に一度でいいと言う獣医さんにも、1年に一度は打った方がいいと言う獣医さんにも、それなりの理由があるでしょう。

 

そのうえで、私は年に一度は摂取させるようにしています。なぜって、風邪をひいた猫に薬を飲ませるのはすごく大変だから。下痢止めお薬は特に大変です。

 

風邪薬はそうでもないけど、下痢止めの薬は味がとても苦いらしく、猫はなかなか飲みこんでくれません。

ウェットフードや「ちゅーる」に薬を混ぜてあげると、だまされて一緒に薬を飲み込む猫もいるそうですが、うちのニャン達は上手に薬だけよけて吐き出します。

 

それに、ワクチン接種の間隔が開くと、何ヶ月も下痢がつづくパルボウィルスに感染するリスクが高まります。万が一パルボに感染した場合の苦労を考えたら、年に一度のワクチン接種は安いものです。

 

できればワクチン接種を避けたい時期はある?

風邪をひいていたり元気がないなど、猫の体調が悪いときは、ワクチン接種を避けた方がいいです。体調が悪いときにワクチンを打つと、風邪のような症状がでる場合があるからです。人間もそうですよね?

 

その意味でも、1年に一度の摂取をおすすめします。というのは、ワクチン接種を2年に一度の間隔にしていて、たまたま接種の時期に猫の体調が良くないと、なかなかワクチンを打てなくて不安になるからです。

 

また、個人的に避けた方がいいと感じている時期は「夏」。その理由は、犬のフィラリア予防の薬をもらいに動物病院を訪れる人が多いから。

 

飼い主さんとしては、せっかく動物病院に行くなら、ついでにワクチン接種も受けたいですよね?つまり、夏に動物病院に行くと、待合室にワンちゃんが多いんです。これは、猫にとっては落ち着かない状況です。

 

飼い犬にフィラリア予防の薬をいつから飲ませるかは飼い主さんによって違いますが、私がいま通っている動物病院では、5~6月に来る方が特に多いです。なので、5~6月はできるだけ動物病院へ猫をつれて行かないようにしています。

 

逆におススメの時期(月)ってあるの?

特におすすめの時期はありませんが、ある意味、おススメの時期があります。それは「12月」。理由は、とーっても可愛らしい卓上カレンダーをもらえるからです!

(※画像はゼノアックの「ピュアバックス」を接種するともらえる卓上カレンダー)

 

猫用のワクチンの種類はいくつかありますが、ゼノアックの「ピュアバックス」を12月に接種すると、上の画像のような卓上カレンダーをもらえます。

 

我が家では2匹の猫を飼っていますが、ワクチン接種の時期はバラバラです。そして、ワクチン接種は今年で3度目ですが、今回、初めてカレンダーをもらいました。

 

というのも、去年は10月にワクチンを打っていた猫の体調があまりよくなくて、去年より2カ月も摂取が遅れたんです。おかげで、12月にワクチンを接種するとこんなに可愛らしいカレンダーをもらえることを知りました。

このカレンダーは、動物病院ではなくワクチンを製造している会社のカレンダーなので、ワクチン接種以外の理由で12月に病院に行ってももらえません

もし可能なら、ワクチン接種の時期を12月にずらして、ゼノアックのオリジナルカレンダーをゲットしましょう!

 

スポンサーリンク



-感染症

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

保護猫の里親になるときは感染症の検査を受けましょう!

猫を飼う前に知っておきたい大事なことのひとつが「猫の感染症について」です。 「外出猫」の3分の1は、FeLVかFIVという重い感染症を保菌していることが、統計から分かっています。 (※2008年 猫感 …

これだけは知っておきたい3種類の猫のワクチン接種

猫は犬と違っていまだに放し飼いしている飼い主が少なくありません、ノラ猫や地域猫もたくさんいます。そして、ノラ猫の多くは、恐ろしい感染症を保菌しています。 あなたの飼い猫を危険な感染症から守るためには、 …

猫のワクチン接種に時期や回数の決まりはある?注意することは?

猫も病気の予防にワクチン接種を受けたほうがいいことをご存じですか? 飼い犬に狂犬病ワクチンを打つことは法律で義務付けられていますが、飼い猫のワクチン接種は義務ではありません。けれど、猫を危険な感染症か …

気付いた時にはもう飼い猫が癌(がん)を発症していた!

わたしの猫との付き合いは、かなり長いほうです。 親族一同、猫好きで、猫を飼っていない身内を探すのが大変なほど。実家でも、幼いころから必ず1匹は猫を飼っていました。そんな家系にあっても、「猫ががんになっ …


スポンサーリンク

管理人の ゆめこ です。
ペット飼育可能な賃貸住宅に入居したものの、生活騒音に悩まされ、泣く泣く引っ越しました。
「今度は静かな部屋を見つけた!」と思ったのもつかの間、またもや生活騒音に悩まされる羽目に。その後は気を取り直して、ローコストでできる騒音対策を考案中です。

ペット飼育可の賃貸住宅についてもっと知りたい!と思われたら、応援クリックをいただけると励みになります♪
にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ