ペット飼育可能な賃貸マンションの落とし穴を見抜け!

元インテリアコーディネーターで福祉住環境コーディネーターの資格も持つ管理人が、ペット飼育可の賃貸マンションを探すときの大事なチェックポイントと、入居後の騒音対策を紹介します。

保護猫

はじめて猫を飼うときの3つの探し方と「里親」という選択肢

投稿日:2017年5月16日 更新日:

猫を飼いたいと思っているけれど、どうやって猫を探そうかと悩んでいる人もいるでしょう。里親という選択肢を考えていなかったというより、知らなかった人も多いはず。

でも、里親を募集している保護猫がたくさんいると知ったら、「里親を引き受けてみようかな」と思う人もいるのではないでしょうか?


スポンサーリンク

 

猫を飼い始めるよくあるパターン

成り行きで猫を飼い始めるパターンは、多く場合、次の3つのいずれかです。

  1. ノラ猫や捨て猫を拾った
  2. 知り合いの家で生まれた子猫をもらった
  3. ペットショップに気に入る猫がいた

 

1番は、同じ場所で何度も同じ猫をみかけたり、たまたま弱っている捨て猫をみかけて、飼い始めるパターン。いまでも多数派でしょう。

 

2番は、猫を飼おうと思っていたわけじゃないけれど、知り合いに相談されて実際に子猫を見に行ったら、思っていた以上に可愛くて飼うことにしたパターン。心から納得して飼うと決めたのなら、おすすめの飼い方です。

 

3番は、飼うつもりで探していた人もいれば、たまたま大型ショッピングセンターなどに入店していたペットショップでかわいい猫を見かけて、勢いで買ってしまった人。

 

きっかけなんて結局はなんでもよくて、きっかけを大事にして良い関係を築こうと努力すれば、必ずすてきな家族になれるんだから、わたしはどのパターンも決して悪い決断ではないと考えています。

 

でももうひとつ、「保護猫の里親になる」という方法もあります。

 

初心者でも保護猫の里親になれる?

里親制度をよく知らないと、猫を飼うのがはじめての自分でも大丈夫かな?って不安になりますよね。実際、初心者はあまり歓迎されません。その理由は、猫は世話のかからないペットだと考えている初心者が多いから。

 

猫はしつけをしなくても自分でちゃんとトイレを覚えるし、エサさえ与えればほったらかしでいいと考えている人がとても多いんです。

 

私も一番最初はそうでした。だから、人のことは言えないし、軽く考えている気持ちもよく分かります。でも、そういう里親希望者に遭遇して苦労した経験がある保護主さんが、「初心者さんはいやだなー」って思う気持ちもよく分かります。

 

お互いに相手の心情を理解することが大事。最初はあまり歓迎されなくても、あなたが誠意を見せれば、逆に「いい人が来てくれてよかったー!」と思われるはずです。

 

保護猫には問題行動やトラウマがある

初心者の里親希望者が歓迎されない理由に、初心者にはお世話がむずかしい保護猫も多いという実情もあります。

 

保護猫には、人間に虐待された経験のある猫もいれば、飢えに苦しんだ猫や、狭い場所に長いこと閉じ込められていた猫もいます。

 

このような猫のお世話をするときは、その猫が何を怖いと感じ、どんなときにストレスを感じるのか、しっかりと見極めなければいけません。


これは、初心者に限らず、猫のお世話に慣れている人にとっても難しいことです。

 

でも、あまり気にし過ぎても仕方ありません。あなたが愛情をもって接すれば、その気持ちはやがてちゃんと猫にも伝わります。

この人は安全だとわかったら、猫も少しずつ心を開いてくれるし、問題行動も徐々に減ります。

 

保護猫の里親になるメリットって何かあるの?

保護猫の里親を引き受けると、猫のお世話の仕方や問題行動で困ったときは、保護主さんがいつでも相談にのってくれます。電話やメールだけでは解決しないときは、自宅まで様子を見に来てもくれます。

 

また、ペットショップで猫を買うと、お店に行けばいつでも気軽に相談にのってくれますが、お店に行くたびに何か買わないといけない気持ちが起きます。でも、保護猫の里親ならそんな気づかいは必要ありません。

 

また、保護猫には、まだ赤ん坊のとき保護された猫や、子猫のときに母猫と一緒に保護された猫もいます。このような猫は性格も安定していて、ペットショップの猫より飼いやすいケースが多いです。

 

あなたが本気で里親になりたいと思っているなら、たとえ猫の飼育がはじめてでも、譲渡を検討してくれる保護主さんは必ずいます。

もしかしたら1~2度は断られるかもしれませんが、くじけずに譲渡会に足を運びましょう。そのうちきっと、すてきな出会いがあるはずですよ。

 

スポンサーリンク



-保護猫

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

保護猫の里親になる審査はなぜあんなにきびしいの?

保護猫の里親になるには審査があります。譲渡の条件はけっこうきびしく、里親を引き受けた後も、保護主さんに定期的に連絡を入れる必要があります。 最初に説明を受けたとき、私は「面倒くさいなあ~」と思いました …

保護猫の里親になるメリットとデメリットは?

保護猫の里親になるのは決して楽ではありません。リスクもあります。保護猫の里親になるメリットとデメリットを、わかりやすく紹介します。 スポンサーリンク   目次1 保護猫の里親になるメリット2 …

近所で保護猫を探す方法は…まさかの「メルカリ アッテ」

「どうせ猫を飼うなら保護猫の里親になろう!」 思い立ったはいいけれど、肝心の保護猫ちゃんはどうやって探せばいいのかな? 自宅の近くで保護猫を探す方法をいくつかご紹介します。 ※「メルカリ アッテ」の全 …

保護猫とノラ猫は似てるようでまったく違う!その最大の違いは?

突然ですが、保護猫ってどんな猫だか改めて考えたことはありますか?、保護猫とノラ猫は、いったいなにが違うのでしょう。 スポンサーリンク   目次1 保護猫とは?2 ノラ猫とは?3 捨て猫の実態 …

猫の不妊手術はどうして必要で時期はいつ頃やればいいの?

保護猫の里親に応募すると、譲渡の条件に「必ず不妊手術を行うこと」があります。 法的には飼い猫の不妊手術は義務ではありません。ではなぜ、里親になるときは必ず不妊手術を受けるように言われるのでしょう? ス …


スポンサーリンク

管理人の ゆめこ です。
ペット飼育可能な賃貸住宅に入居したものの、生活騒音に悩まされ、泣く泣く引っ越しました。
「今度は静かな部屋を見つけた!」と思ったのもつかの間、またもや生活騒音に悩まされる羽目に。その後は気を取り直して、ローコストでできる騒音対策を考案中です。

ペット飼育可の賃貸住宅についてもっと知りたい!と思われたら、応援クリックをいただけると励みになります♪
にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ